INTRODUCTION

FOR THE SOUND OF THE FUTURE

 

「音楽」は常に進化しています。

 

レコーディング機器はデジタル化し、作り手のスタイルも多様化しました。

同時に、リスナーの再生環境も大きく変化しています。

 

にもかかわらず、ギターに関しては驚くほど進化しておらず、

いまだに「良いギター=ビンテージギター」と言うイメージがあります。

 

たしかに、真空管アンプを通して大音量で鳴らすあのサウンドは素晴らしく、

ビンテージにしか出せない「良い音」があります。

 

しかし、現実として現在の音楽制作環境は、

プラグインのアンプシミュレーターやデジタルアンプの登場、

レコーディングやライブ PA システムのデジタル化などによって、

古き良きギター達が生まれてきた時代とはまったく異なる環境へと変化しました。

 

一般的には、デジタルを通してしまうと「音が細くなる」と言われています。

「音抜け」が求められていたアナログ時代の「良い音」のイメージは 現在のデジタル環境において、

ますます「音が細くなってしまう」場合もあるのです。

 

私たちはプロのレコーディングやライブを繰り返すなかで、

現代のデジタル環境に合うギターはないのだろうか?と考えるようになりました。

 

ロックをはじめ、さまざまなジャンルで使われているギターサウンド。

今後どんなにソフトが進化しても、ギターは打ち込みでは絶対に再現できない楽器です。

 

それならばデジタル環境に合わせてチューニングされた、今の時代のギターを…。

木の素材選びからパーツ・ピックアップまで徹底的にこだわり、

今の時代にあった新しいギターサウンドをゼロから作りたい。

 

そんな想いから、「Jimmy Quartett.(ジミーカルテット)」は誕生しました。